--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2013年05月11日(土) 記事No.182

障がいをもつお子さんとそのご家族20組で、カラーフィルムを使ったワークショップを開催しました。

窓越しの光を通して色の光を味わうワークなので、ともかくお天気が重要。

予報は雨・・・。
ところが、朝起きてみると、快晴!

もう、その段階でテンションあがって、うれしくって、空に向かって感謝。

障がいを持った、お子さんはアトリエmadoにも来られていて
伸びやかなタッチや、うつくしい色使いで、みんなにもいい刺激を与えてくれて、大切なメンバー。

けれどもこうして、たくさんの方々と一度・・・うまくできるのだろうかと心配でした。

普段通り、目の前のひとりひとりの子どもに向き合えばだいじょうぶ・・・
アドバイスをいただきつつも少々緊張。


行ってみて、お母さんたちの空気がやわらかい。
各所でワークショップして来たけれど、どことも違う感じ。

いろんなことする子どもたちを受け入れあってる。私もその空気にリラックス~。

初めてお会いする人たちなので、表情を撮れるほどカメラを近づけたくなかったので
空気を感じてください。。。。

034-1.jpg

037-1.jpg


透明フィルムに、カラーフィルムを切って貼ったり、マーカーやクレパスで絵を描いたり・・・。


038-1_20130511175230.jpg

039-1.jpg

041-1_20130511175233.jpg

042-1_20130511175313.jpg

043-1_20130511175315.jpg

045-1.jpg

047-1.jpg

この子は○しか、描けないんですよ。
という、おかあさん。

その子のまる・・・。

ひとつ、ひとつ、ちがったまる。
とても、味があって、とてもうつくしくって・・・。
どうして、こんなにいいまる描けるんかなあって。


マーカーの上にちがった色のマーカーを塗ってふしぎな模様を描いている子。

わ~!すてきな色だね。混ぜたんだ!というと、「じぶんでかんがえた」と、ようやく聞き取れる言葉。と、誇らしそうな笑顔。


お母さんに、抱っこされてる子。
お母さんがぐるぐる、きいろを塗る。

「きいろ、きれいだね!」というと
その子と視線は合わなかったけれど、かわいいソックスを履いた足がぴんぴんした。
思わず、その足に握手!

言葉がなくっても、気持ちが通うのを感じられてすごくうれしかった。

053-1.jpg

051-1.jpg

あかちゃんも・・・

049_20130511175344.jpg


窓に飾る。

059_20130511175348.jpg

062_20130511175350.jpg


069-1_20130511175410.jpg
集合写真。

075_20130511175414.jpg

074_20130511175413.jpg

073-1.jpg

062_20130511175350.jpg

076_20130511175416.jpg

このワークショップに参加して下さった方たちに、「楽しい」以上に何か私は、残せたのだろうか・・・

障がいを持つ子を育てるお母さんたちのやさしい笑顔の向こうにいろんな思いがあるだろう。


私はこの子たちがその子らしくいられる場所にいてほしい。


例えば、こんなところもありますよ・・と
表現活動を仕事にしている障害者の施設、工房集http://kobo-syu.com/(←クリック)をみなさんに紹介した。

ここは何度かお邪魔して、その作品展が昨年都美術館で開かれてすばらしかったので・・・。



健常とか、障がいとか、かかわりなく、光のほうを見ていられたら。。。いいなあと思う。









イベント |  トラックバック(0) |  コメント(8) |  記事を編集 | 

2013年05月11日(土)
ワークショップ、お世話になりました♪

「楽しい」以上は・・・皆で楽しいひとときを過ごせたことかなぁ?

障害を持つ子の母は確かにいろいろな想いを持って子育てしてると思います。
だからこそ、皆で楽しいひとときを過ごせることが大事かな?って思います(*^^*)
親の為にもね(^^ゞ
masayo tano | URL | コメントを編集 | 
2013年05月11日(土) ほっこりしました(*^ー^)ノ♪
当日は、大変お世話になりました♪
初めての大きなお絵描きに
子どもと共に楽しく参加してしまいました(*^-^*)

○ばかり書いてしまう息子の事を
こんな風に思って下さった事が
とても嬉しく思います。

私達親子にとってとてもほっこりする
イベントでした!
ありがとうございました(#^.^#)
ひろぽん | URL | コメントを編集 | 
2013年05月12日(日) お世話になりました
先日は大変お世話になりました。
段取りが悪く、打ち合わせも緩〜い感じて・・・、素子先生に預けてしまいました。

子供達や親が家庭以外で、ありのままの姿で居られる場所が少なかったりするのが現状。
親子でリラックスして楽しむことが出来ました。
言葉ではなかなか表現できないことを、かたちにすれば表現出来る子供達。
楽しい時間をありがとうございました。
kaito mama | URL | コメントを編集 | 
2013年05月14日(火) masayo tanoさま。
コメントありがとうございます。

「ありのままでいられること、受け入れられること」
障害を持つ子や、その母はそれがなかなかむずかしいとお聞きしました。

あのひと時は、みんなで一緒にわかちあえた時間だったんですね。そんな貴重な時間を私もご一緒できて、ほんとうにうれしかったです。
ありがとうございました。
moto | URL | コメントを編集 | 
2013年05月14日(火) ひろぽんさま。
ありがとうございます。

まる!ほんとに、すごくいいまるでした!
また観たいです。

そっくりとか、立派に描くのが上手な絵と思う人がいますが、私はそうは思えなくって、
こころに響く美しい線や、色使いがあって、理屈抜きに感動してしまいます。
こないだのワークショップでは、そんな部分がたくさんできて、私はとっても、わくわくしました。
お一人ずつ、一枚の作品を描くところに立ちあえたらと思いました。

さておき、あの時間を楽しんでくださったこと、とてもうれしいです。
ありがとうございました。
moto | URL | コメントを編集 | 
2013年05月14日(火) kaito mamaさま。
このワークショップをできたことに感謝しています。

ゆる~い、打ち合わせ(笑)だったにもかかわらず、過不足なく、ばっちりだったですよね!

それというのも、みなさんのチームワーク・・・
お互いを大切に受け入れあう空気のおかげだと思います。
私もいたらぬところがあったと思いますがそれもがっちり受け入れていただいた感じです。

描いているお子さんたちを見ていて、その小さい体から発するパワーや、表現するよろこびを感じました。

ほんとに、ありがとうございました。

moto | URL | コメントを編集 | 
2013年05月20日(月) きれいな色ですねえ
久しぶりにのぞかせてもらいました 心が洗われますね ホントに素敵です いい仕事してますねえ
nobuko urabe | URL | コメントを編集 | 
2013年05月20日(月) nobuko urabeさま。
コメントいただきとてもうれしいです。
周りの方のおかげでいい時間を共有させていただいてました。
もっといろんなことを知りたくって、勉強したいのですが、本は、「スイマがおそって、スイマセン」になってしまします。
また、勉強会に参加させていただきたいです。
moto | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。