--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2013年03月19日(火) 記事No.175
箱の中に、好きな世界をつくりだす、BOXアートをしました。

足利の幼稚園クラス。
022_20130318144223.jpg

025_20130318144223.jpg

021_20130318144222.jpg

023_20130318144223.jpg

足利小学生クラス

006_20130318131328.jpg

001_20130318131328.jpg

011_20130318131329.jpg

007_20130318131329.jpg

014_20130318131359.jpg

015_20130318131400.jpg

課題は、ひとつの箱の中に好きな世界を閉じ込めるイメージだったのですが、子どもたちは連結したり、2階だてにしたり・・・。
見ただけではよくわからないのですが、その、ストーリーを聞くと、果てしなく、世界は拡がっていくようです。
私の予想をこえて、創造性を発揮します。

サポートに来られたおとうさんが紙粘土で、何やら作ってると、小1のむすこが、「五輪塔?」「うん」
こんな、会話がさりげなく・・・渋い!かっこいい!

見えづらいですが、五輪塔乗ってます。ボールング場や、プールが付いている船。
お父さんに、五輪塔が、宇宙を表してることなど、お話ししていただき、普段知らないことを学び、子どもらは、ふ~んと、うなづいてました
五輪塔(←五輪塔のこと知りたい方はクリック!)
016_20130318131400.jpg

まだまだ、上に、上に拡がる予定だそう。。。。上の階には可動式はしごで。。。
021_20130318131423.jpg

左の箱は花畑。右の箱から、管をとおって、何かいいものが流れてくるのだそうです。右上の小箱を開けてみたら、なんと、綿が入っていました。
うわ~!ロマンチック・・・。
これを、やんちゃな男の子が作るんだから、ほんとうにおもしろく、すばらしい。
020_20130318131422.jpg

019_20130318131421.jpg

018_20130318131401.jpg
「貝のおうち」


最後に、集まってみんなの作品をみて、順番に自分の作品の題を、言ってもらいました。
へ~。なるほど~。目の前の子がいう言葉に全神経集中してしまって・・。
ああ・・・せっかくいい題をいってくれたのに、書きとめておかなかった失敗。


022_20130318131422.jpg

恥ずかしがって、自分の題を言わなかった子の作品には、
「みんなは、この作品を見てどう感じる?題をつけてみて、」というと、
子どもたちは、口々にいっぺんに、これまた、いくつも詩的な言葉を、発する。

「星が生まれる木」「願いが叶う木」・・・宝物のような言葉を、ひとつ、ひとつ、書きとめておかなかった失敗。

子どもたちは、みずみずしい感性を持ち、
箱と、ささやかな、材料で、驚くほど自由な世界に飛び立っていけるんだと、あらためて感動しました。
型には、はめられない力。
はめたら、壊れてしまいそうな、力。
私は、どこまで、ちゃんと受け止めてあげられるのだろう。。。

後日、みんなに、題をつけてもらった子はほんとは、ちゃんとした題があるんだよと、話してくれました。
なんていう題なのと聞くと、はにかみながら、「雲の上の木」

教室の様子 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2013年03月20日(水)
ミクロの世界に広がるマクロですね~。でも、子どもたちにとっては大きい小さいとか関係ない全く違う世界が広がってるんですね。そして、それは無限であるような、それが全てのような。
あんな小さな身体に何が詰まってんだか!!
こばやしやよい | URL | コメントを編集 | 
2013年03月22日(金) こばやしやよいさま。
コメント、ありがとうございます。皆さん、フェイスブックのほうに、コメント下さるので貴重(笑)です。

ほんとうに、子どもたちのなかには、もともと、お宝の感性がたっぷり入っていて、大人は、それを、壊さないように、大切に大切にしなくちゃっと、思います。
こちらの、都合のいい形に子どもをはめ込むのではなく、そのまんまの子どもを受けとめられたらいいなあと、思います。
moto | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。