--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2012年12月22日(土) 記事No.164
前回のつづき。高校時代の同級生が九州で集い、平戸で泊まり・・・

翌朝。

それにしても、昨夜の食事はすごいボリュームだった・・・。
旅館やホテルってどうして、食べきれないほどのごちそうを出してくるのだろう。

「宅急便でウチに残り、送りたいわ~。」
「せめて、このエビ!明日の朝食に出して」
「別腹(べつばら)、もういっこ、欲しい~」

口々に勝手なことを言っては笑う、関西おんなたち。

ともかく、向こう一週間は粗食でもいいかもしれないと私は思った。


ところが、朝・・・開口いちばん、
「おなかすいた~!」

え~!!?

嵐のTシャツの上にゆかたの羽織を着て「あんた、オチケン(落研)みたい」と言われたNちゃん。
羽織のしたはシュッとした細い脚。

は・・・。フルマラソン走れる人は違うな・・・。
心の中で帰ってから運動しようと誓う。

朝風呂・・。露天から、海を眺めて、ああ、極楽。
ちらと、家族を思い出す。

なんだかんだ言っても、しっかり朝食をとり、諸事情によりホテルのあちらこちらのトイレでそれぞれ用を足して
いざ出発。

修学旅行で行ったザビエルの教会へ。
ここで、大昔と同じように階段で集合写真を撮った。
073_20121219225526.jpg

077_20121219225526.jpg

つぎはお遍路さんやね~。

とかいいながら、有田へ。

連れて行ってもらった源右衛門窯。
すばらしかった!
わ~。おお~。
鮮やかな色も絵柄も・・・。ウインドウをのぞくたびに感嘆の声が。
値段をみて、低いうめき声と、ためいきが・・・。

資料室を見せていただく。

古伊万里。

もう、声もでなかった。

すごい、すごい(こころの声)・・
ボキャブラリーゼロ状態

ガラス越しなのでちっともうまく撮れてませんが。

035_20121219225703.jpg

033_20121219225703.jpg
このうつわの前で、涙まで出ちまいました。

036_20121219225703.jpg

038_20121219225742.jpg

理屈抜きにしびれました。


車中では、税務所で働くNちゃんの差し押さえの張り込みの話、ドラマみたい~な話や、ペットのことから政治まで・・
しゃべって笑ってしゃべって笑って。Tちゃん、笑いながら話したら、何言ってるかわからへん~。
しゃべって笑って・・・
・・・以下省略。

空港で、
こうして旧友と再び会えて楽しい以上の時間をともに過ごせたこと。
ありがたくってありがたくってたまらなかった。
一番遠い私は一番はやく飛行機に乗り込みながら、熱いもんが、こみ上げてきた。

帰ってきたあと
母から別件で電話があり、平戸にみんなで泊まったことを報告すると

母の母方が、西郷の姓で、西郷隆盛の末裔で平戸出身だと、こともなげに話してくれた。

ええ~!!?

西郷隆盛!!

テンションあがるなあ。
そんな、末裔の人、いっぱいいるのかもしれないけど、もしかして、もしかしたら、私のなかにちょび~~っと、
西郷隆盛の血が?

家系図とか調べたいなあ。お金をかけずに簡単に(笑)調べる方法があったら教えて下さい~。









日々のこと |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。