--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2012年08月20日(月) 記事No.152
こひつじ子ども会さんによる、夏の絵画講座 「夏jyuku」
7月31日、8月1日の2日間の開催。

今年で3年目を迎えました。
おかげさまで、回を重ねるたびに人数が増えて、今年は30人。キャンセル待ちもでました。


2010年の夏jyuku
http://atoriemado.blog72.fc2.com/blog-entry-60.html
http://atoriemado.blog72.fc2.com/blog-entry-61.html

2011年の夏jyuku
http://atoriemado.blog72.fc2.com/blog-entry-115.html

ことしも、テーマは「色」

一日目は、アトリエmadoの定番の、色彩構成。
クレパスで格子状に線を描いて、色を塗る。
・・・・ルールは、

自分の色をつくる。
お隣にどんな色がきたら、きれいか考える。
画用紙全体がきれいになるように、考える。


1695.jpg 

1712_20120820125207.jpg

1691.jpg

1694.jpg

単純な作業のようだけれど、今までにない色が自分の手でつくられ、組み合わせてみると美しく、
けっこう楽しい

「あ、その色いいね!」「そこで、暗い色を持ってくるの?! やるね~!」

どんどん子どもたちの顔が、輝いてくるのがわかる。

では、一部のお子さんの作品勢ぞろい。。。。

1698.jpg  1697.jpg  1696.jpg  1704.jpg  1706.jpg  1707.jpg  1708.jpg  1709.jpg  1710.jpg  1699.jpg  1700.jpg  1701.jpg  1702.jpg  1703.jpg  1719.jpg 
1718.jpg  1713.jpg  1711.jpg  1716.jpg  1717.jpg  1705.jpg

色彩構成が終わった子は、自由に・・・。ごく一部しか写真に撮れなかったけれど、これまたのびのびうつくしかった。


1730.jpg

1729.jpg

さて、二日目は、花を描く。

芦屋のフローリストamicaから届けてもらった、4色のグラデーションの花束。

1728.jpg
1727.jpg
1726.jpg
1723.jpg


やっぱり、ほんものの自然の色はすばらしいな。。。。

わくわくしてくる気持ちは、
子どもたちもいっしょ。


いちばん気に入った花を見つけてね。
それから、その花のいちばん、いいところを探して描いてね・・・。

もう、描いていいの?はやる気持ち。

きのうはじめは遠慮がちだった子も、どんどん絵の具を取りに行って描き始めた
1743.jpg

1744.jpg

1745.jpg

1746.jpg

1742.jpg

子どもの絵の中の「素敵」「きれい」をみつけて心からの感動を、言葉でつたえる。
こんなシンプルなことで、子どもと心が通う瞬間がある。
すごく、いい顔をする子ども。

子どもたちとの、こんな瞬間に幸せを感じる。

そうして、できた作品の一部。

1762.jpg


1732.jpg

1733.jpg

1753.jpg

1747.jpg

1768.jpg

1758.jpg

1761.jpg  1759.jpg  1750.jpg 1739.jpg  1751.jpg 1748.jpg
 1755.jpg  1757.jpg  1749.jpg  1752.jpg   1737.jpg  1738.jpg  1740.jpg  1741.jpg  1734.jpg  1735.jpg 1736.jpg

終わって、「今日はたのしかった・・・ありがと、ございました」と小さな声で挨拶に来てくれた子。
「こちらこそ、楽しかったよ。ありがとうございました~」と、私。

毎日、子どもたちと過ごしている、子ども会の担当のSさんは
「あの子、とても静かな子なんですよ。自分から言いに来るなんて信じられない」
とか、Aくんのあの笑顔を見たのが、今日の収穫だわ~とか・・・・、

三木さんと絵を描くことによって、子どもたちは、自分を解放して、また自分にOKを出してるのねと

普段見せない子どもたちの表情を喜んで下さった。




 












イベント |  トラックバック(0) |  コメント(4) |  記事を編集 | 

2012年08月21日(火) いいね!
コメントをお書きください。素晴らしいです、子供たちの前のめりに描いている姿に涙です。これからもこんな感じで続けていっってください。きっと広がっていきます!!
中津川 | URL | コメントを編集 | 
2012年08月21日(火)
ブログから子どもたちの様子を読んで、見て、何だか涙がでそうになりました。素晴らしいです。私は教員をしていますが、こんな授業が毎日受けられたら子どもたちは幸せだよな、と身が引き締まる思いもしました。ありがとうございました。
はるまきさん | URL | コメントを編集 | 
2012年08月21日(火) 中津川さん
最高のコメント、ありがとうございます。(涙)
初めて会う、30人の子どもたち。もっと、細やかに目を配れたのでは、もっと、いいことばのかけ方があったのでは?完成度を求めてなかったか・・?いつも、いっぱい、反省してます。
でも、子どもが、本来持っているすばらしい力を信じて、見守ることこそが大切なんだと気づきました。ありがとうございます。
moto | URL | コメントを編集 | 
2012年08月21日(火) はるまきさん
ありがとうございます。
私はたった2日間、一緒に絵を描くだけだからの盛り上がり、みたいなものはあると思います。

子どもを取りまく環境が複雑になって、実は、想像以上に、いろんな思いを抱え込む子どもたちと、日々共に過ごして、受けとめる先生方の大変さと、それだからこその喜びを思いました。
moto | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。