• 2011年04月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2011年04月26日(火) 記事No.95
ふと、少し前に行った展覧会を思い出した

亀倉雄策賞の作家たち(左)          イアン・アンダーソン(右)
(左)の亀倉雄策賞を受賞した、歴代の作家の作品を一望
018posuta.jpg


(右)のイアンアンダーソンはポップで先鋭的。
会場が迷路のようになっていて、全身を刺激的なグラフィックデザインにさらされるよう・・・
こんなとき、つい、子供たちを連れて来たら、びっくりするだろな、と、思う

終わってしまった展覧会のこと言ってもしかたないですね・・・

これから、行きたいっを書いてみます

北村範史個展「球根とサコッシュ」 
セツ時代の友人。生まれも育ちも東京の彼は洗練されたセンス。
村上春樹の中にでてくる男の子のイメージ。
むかし、かっこいい、リーバイスの選び方を教わった・・・

小池アミイゴ作品展「その辺に咲いていた花」
セツの先輩。その昔。。。
クラスにみんな集まってしーんとしてる、
ちょっと困ったとき、ぼそっと、本音が言えて、しかも、笑いがとれる稀有な方。
セツのモデルも務めたことがある、おしゃれ大将
今も、考えをきちんと行動に移す。
今回の作品展もそのひとつのよう。
音楽を絡めたワークショップは、ものすごく楽しそう。行きます。家族で。

白洲正子展 http://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/exhibition.html
先日、滋賀を訪れた折、母、妹らと、かくれ里散策の予定が息子らに却下され、
ホテルのプールで泳ぎまくり25m潜水や、いかおよぎしてたのが悔やまれる。

岡本太郎展 http://taroten100.com/index.html
とりあえず、パワーいただきに。

松尾たいこ http://taikomatsu.exblog.jp/15183801/
色がほんとにきれい。

驚くべき学びの世界展http://www.watarium.co.jp/exhibition/index.html
北イタリアのレッジョエミリアという、小さな町で実践されている世界最高水準の教育
アートを通して学び、感じ、考え、行動する。
何年か前、読売新聞で記事を切り抜いてから、ずっと深くかかわりたいと思っていた
今回、期間中にアトリエスタ(アート担当の教師)養成コースがあり、受けることにした。
アトリエmadoも、結果にこだわらず、過程重視。
多くのものを学んで活かせたらいいなと思う

クサナギシンペイ http://www.tokyoartbeat.com/event/2011/3EB4
イラストの透明感空気感がすてき。今回の作品は抽象っぽくて・・・ぜひ観たい。

いやはや・・。どれだけ、行けるかな
スポンサーサイト
日々のこと |  トラックバック(0) |  コメント(5) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。