• 未分類 カテゴリーの一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2013年03月01日(金) 記事No.172
おととしの夏
NPO「アートケアひろば」 https://sites.google.com/site/artcarehiroba2007/
代表の冨田めぐみさんの、赤ちゃんアートのワークショップのお手伝いをさせていただきました。

クレパスぐるぐる、絵の具で描く、ちょうちょうの形の紙のデカルコマニ、
ポスターの裏に絵具で描く、ヨーグルトカップでスタンプ、ペットボトルでの楽器作り、
作った楽器を使っての歌遊び、先ほどのちょうちょを使ってのお遊戯・・・。
約1時間があっという間の充実の内容でした。

アトリエmadoでの赤ちゃん向けのワークショップはこの時に体験させていただいた内容から「クレパスで描いてから絵の具でぺたぺた」をさせていただきました。

2月26日、その冨田先生がいらっしゃっての、
赤ちゃんアート実施講座 ~入門編~(足利市立美術館にて)を受講してきました。

歌と手遊び、絵本の選び方、安全対策、実施形態・・・
10年にわたる実績に基づいた内容はとても、具体的で細やかなところまで気配り、心配りされてるものでした。

その中で、月齢別の興味とやりとりのところでは、2か月きざみで、あかちゃんの興味や様子の説明がありました。
私の息子はもう中学生で、その当時は先週と今週の様子の違いが分かるほどだったのに、大きくなると今は、すっかり忘れてしまって、1歳3か月と、1歳6か月では興味も、できることもこんなに違ってたんだとその説明を伺いおどろきました。

けれども、忘れないのは幼稚園に入るまでの子育てがけっこう、きつかったこと。
子どもが、まっとうに成長するかどうか、すべて、母親の責任のような気がして、うちの子、これでだいじょうぶかしらと、いろんな面で心配・・・。

幸いマタニティースイミングをしていたので、ほぼ同じ月齢の赤ちゃんを持つママ友が10人くらいいて、
預けあったり、悩み相談できたので、なんとか乗り越えれました。(今もおつきあいしています)
その友達がいなかったら・・・。

この、赤ちゃんアートでは、この子、これしないんですけど~という、お母さんの不安に対して
この月齢ではこうですが、そのうち、これができるようになりますよ。とか
この子は今、○○○に、興味を持ってますから、このワークをしましょうと、
具体的におかあさんの不安に言葉がけをして、寄り添う内容でした。

冨田さんは
「親の頑張りを、肯定する」
「子どもの成長をあたたかく、伝える」という、基本姿勢を提唱されています

赤ちゃんの、情緒がはぐくまれると同時に、おかあさんの笑顔がひろがる。
子育てが、ぐっと、豊かなものになるだろうと、思いました。
実施講座を受講された「足利赤ちゃんアートくらぶ」の皆さんが中心となって足利市立美術館で来年度
「赤ちゃんアート」がスタート予定とのことです。楽しみですね
スポンサーサイト
未分類 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2011年07月03日(日) 記事No.106
熱中症!と思っていた長男。
実は、マイコプラズマという、肺炎の一種で、まる10日発熱、学校を休みました

思春期一歩手前の、息子と、なんてことなく一緒にいる時間、意外と貴重なのかもしれない

さて、
アトリエリスタ養成コース。

早朝、家族の3食分を仕込んで、7時過ぎの電車に飛び乗る。

息子を見てくれる夫に、感謝。(心の中で)

康本雅子さん。
ダンスのワークショップの見学。

Tシャツとジャージの康本さんは、動き始めると
透明の羽衣を身にまとっているのでは
と思うほど、別世界的輝きが感じられた

親子の、体を使ってのコミュニケーション

見ていると、ワークが進むにつれ、保護者の方の
心が解き放たれていくのがわかる

のびのびと、動き、笑顔

それを全身で感じ取ってる子供たちもまた、笑顔

いつもは言葉での意思伝達に頼っているけど
もっと、体の言葉を信じていいのでは・・・

別のスイッチが入る
いつもと、違った視点を大切にすること


ワークショップ後、
HBギャラリーで和田誠展を観て

子どもが生まれた時からずっと欲しかった
念願の一眼レフを買いに・・・。

足利市立美術館で写真のワークショップに
参加して、もっと、写真のことが知りたくなってしまったから・・。

写真家のS氏にプロじゃないとわからないような店を
何軒も一緒に回って、選んでいただき
、おかげさまで、格安でいい中古が手に入った
一緒に行った友達と、大喜び。


それから、赤羽で途中下車。
赤羽は、昔住んでいて、
懐かしいかと思ったらあまりの変化にびっくり

けど、当時からあった店「まるますや」で乾杯

くじらベーコン。ナマズのから揚げ、豚耳、里芋のからあげ、
マグロぶつ、ウナギのかば焼き・・・・

幸せ。感動。感謝の一日だった
未分類 |  トラックバック(0) |  コメント(6) |  記事を編集 | 

2011年06月02日(木) 記事No.101
今日は雨の中、運転。
大好きなSADE(クリック!)を聞きながら。。。

景色がちがって見える。

あめの日におすすめの音楽、ありましたら・・・教えてください。。。
未分類 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2010年12月28日(火) 記事No.77
イラスト、デザインを依頼されていた山根さんのウクレレのラベルが完成しました
(写真はクリックすると大きくなります)

DSCF5181.jpg

ウクレレ作り・・・・
一枚の選び抜いた木を切り出すところから
始まる作業。

気が遠くなるような、細やかな作業を
何工程も、重ねる。

DSCF5177.jpg
(3cmほどのちいさいかんなをかける、山根さん)


DSCF5183.jpg
(この、音叉のマークは、1.5ミリの白い木(メイプル)から音叉マークを切り抜き、1.5ミリの茶色の木(ローズウッド)を同じ形を切り抜いて埋め込むそうです)うへ~。

DSCF5178.jpg


約2ヵ月後、やっと、うつくしい楽器となる。
DSCF5179.jpg

音のよさ
見た目のよさ
使い続けたときのよさ

よりよいものを作ろうとする。
時に相反する問題点にぶつかり
それを、何とか、バランスをとりつつ
クリアしていこうとする真摯な姿。

普段、ほんわか、朗らかな、山根さんだけど
楽器作りの話になると、まったく、違った空気をまとう。

修理については
「お受けする修理,調整はお客さんに喜んでいただけるよう、よく話し合ってできる限りお客さんの要望に沿うよう作業してます。」とのこと。

弾きやすくなって帰ってきて
腕があがったのかと、勘違いする人もいるそう。

お問い合わせは、Yamane Guitar 電話0283-65-1299まで。




未分類 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年10月21日(水) 記事No.10
自由製作・・・。

今日は、マーカーの気分だったよう。縮小10月7
DSCF3268_convert_20091021113042.jpgDSCF3267_convert_20091021112953.jpg
すみません、左の絵が縦にできない・・・。


次は、色の世界をもっと楽しんでもらおうと・・・タクラミ中。
自宅にて下準備。
DSCF3270_convert_20091021113131.jpgDSCF3273_convert_20091021113203.jpg
次男、試作協力。
未分類 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。